saitei.net

入試攻略数学問題集 2020年版発売

入試攻略数学問題集 2020年版発売

「大学入試攻略数学問題集2020年版」が発売されました。(2019/07/12)
店頭に並ぶにはまだ数日かかると思いますが,お楽しみに。

昨年より収録問題数は5題増え(158題→163題),解答解説は約25%(!)増えました(163ページ→206ページ)。

解答解説が増えた理由は,解説部分を大幅増量したためです。具体的には解答のわかりにくそうな部分に次のような注釈を付けました。

remark
remark

私の授業の板書は解答に上記のような注釈をどんどん書くから分量が多くなり「スマフォのカメラで撮っておけ」と言うのですが,そういう注釈を本書でも実行したと言うことです。注釈を見たら「あのオヤジは授業でこういうことを強調するんだな」と思って下さい。

それと別解や発展事項を色々付けたら40ページも増えました。(信用して好きなようにやらせてくれる河合出版には感謝しています。)

今年の目玉は連分数の解説です。面白い話なのにちゃんと書いてある問題集は他にないと思います。入試に役立ち,整数論の入門としても楽しい。

参考にさせていただいた「連分数のふしぎ」の著者・木村俊一教授には,同僚が直接お会いできたので献本させていただきました。

その他にはメネラウスの定理の誰でも出来る使い方も解説しています。
参考書にありがちな「降りて降りて行って戻って上がる上がる」なんて解説(図の向きが違ったら解答用紙を回転させるのか?)を見て「何だこれ???」と思ったことがある人(あるよね!)にオススメ。

中堅以上の大学を目指す受験生には適当な問題集だと自負しています。東大京大志望者でも本書に収録した問題をスラスラ解ければ合格ラインに達しますから(どちらの大学も超難問は解けなくて大丈夫),お使い下さい。

壮絶に難しい東工大や一橋だってこのレベルが出来ることが合格の前提だし,確実に対策できるのはこのレベルの問題までですよ。「\(n\)枚の平面で空間を分割して,分割して出来る領域の個数の大きい方から3番目は何か」(2019東工大)なんて,事前の対策は不可能だろ。(^◇^;)

話がそれましたが,良問を受験生がこなせる数に絞って,これだけ詳しい解答解説を付けている問題集はなかなかありませんよ。お買い求め下さい。

(「早く問題集をやりたいのに店頭に無い!」と言う場合は販売中の「2019年版」でももちろん大丈夫です。収録した問題の都合で「2020年版」には書けなかった内容もありますから,両方買っても受験生にメリットがあります。)

この記事は参考になりましたか?

0
コメント0件
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top