saitei.net

ポメラDM200でLinuxが動く!

ポメラDM200でLinuxが動く!

「KING JIM ポメラDM200でEmacs、Vim、Ruby、Pythonが動くなんて素敵すぎる!」
という記事を見つけた。この記事にある写真を貼り付けさせていただく。衝撃的な写真だ。オレは思わず前のめりになった。感動した。

emacs on dm200
emacs on dm200

580gの軽量モバイル執筆専用マシンDM200の上でEmacsが動いている。しかも,画面を拡大すると「modified by Debian」とあり,Linuxが動いていることも分かる。
(モノクロ画面のDM200が実はカラー液晶であることもはっきり分かる。)

オレが教材を作るのに必要なのは「Emacs,\(\LaTeX\),親指シフト」だ。さらに慣れているUNIX系のOSだと好ましいので,MacBookを使っている。

DM200は元々親指シフトが使えるので,Linux(当然\(\LaTeX\)が使える)とEmacsが動いてくれれば,実売価格3万4千円ほどのDM200で仕事ができる。すごいぞ。

先日出張時に空港の待合室で仕事をしようとしてMacBookのバッテリーが切れかけてしまい,コンセントが使える席を探したらほとんど埋まっていて焦ったが,DM200ならバッテリーが切れかけてもモバイルバッテリーをつなげばよい。

資料はDropBoxに置いているから,必要ならiPhoneで見るだけだ。

もちろんメインマシンにはできないが,こんな小さなマシンでも仕事ができると言うだけで十分楽しい・・・というか,この小さなマシンでEmacsを動かしたいのだ。(^^)

物欲が止まりません。

この記事は参考になりましたか?

0
コメント6件
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 6 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 先生、こんにちは!

    昨年アマゾンさんで購入しました鈴木と申します。
    ガウスグリーンのプリント、もしよろしければ、途中版でも大歓迎ですので
    いただけませんでしょうか・・・早く知りたいな・・と切に願っております・・

    メールアドレスも以下入力いたしました。どうかよろしくお願いいたします!

    • あの鈴木君か。(^^)
      「さよなら,バームクーヘン」の改訂版は7月末に刊行予定なので,しばし待たれよ。

  2. たびたび申し訳ございません。

    一応、グリーンの定理は、高校数学の範囲で証明はいたしました。
    媒介変数の時にのみ(?)使える面積公式だと理解いたしました・・

    ただ、これがなぜy軸まわりの回転体「体積」の話につながるのかがわかりません・・

    求めた面積の極薄の刺身だと考え、それを360度回転、イメージとして360枚重ね合わせたら、薄切りする前の刺身のサクができるね!

    ということなのかな・・と思いつつ、それをどのように処理すればいいのか、ヒントだけでもいただきたいです・・

    お忙しいところ、申し訳ございません・・

  3. 先生、おはようございます!

    先輩に極座標もいろいろと射程範囲が広いtoolだとうかがったことがあるのですが、教科書を眺めるくらいでは、極方程式みたいなもので、ただ面倒なだけ…という認識しかなく

    どういう風に駆使してゆけばいいのか、資料が何もなく困っております…><

    極座標に関するプリントの刊行予定はございますでしょうか・・・

    極座標は実戦的手段になりえるのではないかと考えたきっかけは、

    こちらの記事の第6問の別解解説でした…

    未だ、どういうアプローチをしているのか、ほとんど検討がついていないのですが・・・

    https://education.hanamarulab.com/2017/03/03/u_tokyo_2017/

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top